1日1つ、1年で365のエコを紹介していきます。エコライフを意識するキッカケになる…… そんな日めくりのカレンダーを目指して、「今日は何の日」と環境キーワードを関連づけてみました。こじつけも多々ありますが、お付き合いください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自然と遊ぼう

11月23日 : 勤労感謝の日・ゲームの日



勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝し合う日です。

仕事や勉強の尊さを自覚しながら、ゲームを楽しみ、
ゲームと生活との調和を感じる「ゲームの日」でもあります。



【 本日のエコ : ネイチャーゲーム 】


ゲームの日なので、エコなゲーム、
ネイチャーゲームについて考えてみましょう。

全身を落ち葉にうずめて、森を見上げてみたり……
虫メガネで、足もとに広がるミクロの世界を探険したり……

聴診器で、木の音を聴いたり……


自然と遊ぼう!(日本ネイチャーゲーム協会)

ネイチャーゲームは、自然の不思議や仕組みを学び、
自然と自分が一体であることに気づくゲームです。


時には、日常生活を離れ、ゲーム機から離れ、
自然に目を向けるのも楽しそうです。

それが自然の存在、自然の営みへの感謝につながって行きます。


     
スポンサーサイト

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

霞ヶ浦の環境

11月13日 : 茨城県民の日


1871年、廃藩置県・県の統廃合が行われ、
初めて「茨城県」という名称使われた日です。



【 本日のエコ : アサザプロジェクト 】


霞ヶ浦は、茨城県にある日本で2番目の大きい湖
(1番は滋賀県の琵琶湖)です。


1970年代に、富栄養化・水質汚濁が問題となり、
一時は、汚れた湖・死の湖といったイメージもありました。

1981年に富栄養化の防止に関する条例が公布され、
その後水質は改善しつつあります。


そして、霞ヶ浦で興味深い取り組みが行われています。

アサザプロジェクトは、
「アサザ基金」が主催する霞ヶ浦再生事業です。

アサザは、湖沼や池に生育する浮葉性植物で、
5~6月に咲く黄色い花が目印です。


準絶滅危惧種のアサザを切り口として、

霞ヶ浦の水質保全、生物多様性の確保を目的として、
生態系の保全や環境教育等の組み込みが行われています。


行政、企業、市民が連携した循環型・ネットワーク型、
持続的な市民型公共事業によって、成功を収めています。

学校ビオトープ、里山づくり、コウノトリ夢ネット等にも広がる
こうした取り組み、全国に広がって行くと素敵です。


     

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

学校で学ぶ

10月9日 : 塾の日


「じゅ(10)く(9)」の日です。

学習塾が社会に正しく認識され、信頼されることをめざして、
全国学習塾協会が制定しています。



【 本日のエコ : 自然学校・自然塾 】


塾や学校で学ぶことはとても重要です。
もちろん、エコでも。


富良野自然塾」は、脚本家の倉本聰氏が創設した、
環境について考えるための塾です。

ゴルフコースの跡地を利用して、
森の再生(植林)と環境教育に取り組んでいます。


他にも、自然を学ぶ学校って結構があります。

ホールアース自然学校
トヨタ白川郷自然学校


また、農業の営みの中で形づくられてきた水田や水路、ため池、里山を、
遊びと学びの場として活用する「田んぼの学校」もあります。


我々が自然から学ぶこと、まだまだ沢山あります。
そしてそれは未来へと繋がる学習です。

いくつになっても、学ぶ心を忘れずに行きましょう。


     

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

木のエコ

10月8日 : 木の日


漢字の「十」と「八」を組み合わせると「木」になるので。



【 本日のエコ : 森林認証とウッドマイレージ 】


10月は、暮らしに国産の木材を使った製品を取り入れ、
日本の森を育てる「木づかい運動」の推進月間でもあるので、

木材のエコを考えてみましょう。


■森林認証


適正に管理された森林からの木材に、認証マークを付すことにより、
森林の保護を図ろうとする制度が「森林認証」です。

世界的な森林の破壊、減少を背景として始まった制度で、
FSC(Forest Stewardship Council)など、様々な森林認証制度があます。

そして、適切に管理された森林はCO2の吸収源として機能します。


木の温もりは、金属やコンクリートには無い独特のものです。

買うなら木製のものを、そして木材製品を買うなら、
森林認証のラベルが付いたモノを選んでみましょう。



■ウッドマイレージ

ウッドマイレージは、フードマイレージの木材版で、
木材の量と輸送距離を乗じたものです。

数字が大きいほど、CO2排出量が多くなります。

京都府内産木材認証制度 - (通称:ウッドマイレージCO2認証制度)のページ


日本の木材の自給率は20%であり、

アメリカ・カナダ、ロシア、マレーシア・インドネシアなど
遠く海外から多くの木材を輸入しています。


輸送時のCO2の排出も考慮して、木材も地産地消で行きましょう。
国産材を使うことは、地域の森を守ることにも繋がります。


日本の森林率は66%で、先進国の中では有数の森林国です。
森林資源、有効に活用して行きましょう。


     

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

トキ、朱鷺、Nipponia nippon

9月25日 : トキが舞った日


2008年9月25日、佐渡でトキの放鳥が行われ、
27年ぶりに佐渡の空にトキが舞った日です。



【 本日のエコ : トキの復活 】


トキはコウノトリ目トキ科の鳥です。

学名は Nipponia nippon(ニッポニア・ニッポン)、
日本の名前を戴いた鳥で、新潟県の県鳥でもあります。


かつては、東アジアに広く分布していましたが、
乱獲や開発、農薬の影響で激減。

トキ保護センターが1967年に開設され、
人工飼育、人工繁殖の取り組みを行いましたが、

2003年に日本のトキは絶滅
(環境省のレッドリストでは野生絶滅)。


その後、中国から導入したトキの人工繁殖が行われ、
トキの野生復帰に繋がっています。

今後、放鳥したトキが自然繁殖して定着すること、
生息域が拡大していくことが期待されています。


     

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

エコウォーク

7月31日 : こだまの日


1959年に東海道本線の「こだま」が、狭軌鉄道での
世界最高速記録時速 163km/h を樹立した日です。

この「こだま」は、新幹線とは別の「こだま」です。
新幹線は「標準軌(1,435mm)」なので。



【 本日のエコ : エコウォーク 】


我々が生活の中でスピードを追求して来た結果、
道ばたに咲いている花だったり、虫の声だったり、

日差しや吹き抜ける風だったり、雲の動きだったり、
あるいは、道ばたに落ちているゴミだったり……

見えなくなったり、感じなくなっているものってあります。


時には、自然・文化・歴史を楽しみながら
ゆっくり歩いてみてはどうでしょう?

「エコウォーク」 - 自然・文化を学び、譲りながらウォーキングしよう!
(日本ウォーキング協会)


参加料の一部を環境保全、文化保全団体に寄付する仕組みもあります。

エコウォーク、エコウォーキングの名称で、各地で開催されています。
健康にもいいし、自分の足でエコウォークをしてみるのも素敵です。


     

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

琵琶湖

7月24日 : 琵琶湖 日本初の国定公園指定


1950年、滋賀県の琵琶湖を中心として、
琵琶湖国定公園が日本初の国定公園に指定された日です。



【 本日のエコ : 琵琶湖のエコ 】


琵琶湖は、日本で最大の湖です。
固有種も多く、ラムサール条約の登録湿地でもあります。

琵琶湖博物館インターネット展示室


昭和40年代に工業排水や生活排水による、
水質汚染が問題になっりましたが、

住民・企業・NPOなどが一体となって対策に取り組み、
現在では、環境教育のメッカにもなっています。

びわ湖エコアイディア倶楽部へようこそ!


琵琶湖は大阪の水道の水源として使われており、
かつてはまずい・臭いと不評でしたが、

現在は、安全でおいしい水となっています。


     

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

動物の足跡

7月22日 : 下駄の日


下駄の寸法で、7寸7分(23センチ)と「7」がよく使われるのと、
下駄の足跡が「二の字」「二の字」となるので。



【 本日のエコ : アニマルトラック 】


カモシカ、キツネ、タヌキ、ウサギ、リス、オコジョの
足跡ってわかりますか?

下駄の跡と同じように、動物の足跡って特徴があります。

蔵王 アニマルトラック(動物の足跡)スノーハイキング ネイチャースキー ...


アニマルトラックは、「動物の痕跡」です。
※注 アニマルトラップ(罠)ではありません(笑)


熊の樹木に残された爪痕、道ばたの糞、
リスが食べた松ぼっくりの跡(食痕)もアニマルトラックです。

リスが食べた松ぼっくりの痕はエビフライとも呼ばれます。
リス 清里の動物達


冬だったら、スキー場のリフトから
雪の上に残るウサギやキツネの足跡が見えたりします。

山に行った時など、アニマルトラックを探してみましょう。


     

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

屋久島、白神山地、知床、小笠原

7月2日 : ユネスコ加盟記念日・たわしの日



1951年、日本がユネスコ(国際連合教育科学文化機関)
に加盟した日です。

また、1915、東京小石川の西尾正左衛門が
シュロを針金で巻いた「亀の子たわし」の特許を取得した日です。



【 本日のエコ その1 : 世界遺産 】


世界遺産は、国や地域に住む人びとが誇る文化財や自然環境です。
そして、「世界遺産活動」を主導しているがユネスコです。

世界遺産活動日本ユネスコ協会連盟)


日本ではこれまでに、
屋久島、白神山地、知床、小笠原が自然遺産に登録されています。

そして、文化遺産に富士山を登録の動きもあります。
過去からの貴重な遺産、大切に受け継いで行きましょう。



【 本日のエコ その2 : エコなたわし 】


食器を洗うときに洗剤を使わない、
アクリルたわし、エコたわし ってのがあります。

アクリルたわしの作り方・編み方|手づくりタウン|


アクリルの繊維の溝が汚れを吸着するので洗剤が不要。
また、自分で作って楽しむこともできます。

洗剤を使わない洗濯機もあるし、
エコに取り組む、「エコなわたし」でもありたいものです。


>     

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

谷津干潟(千葉県習志野市)

6月27日 : 奇跡の人の日


目が見えず、耳も聞こえず、口もきけない……
そんな三重苦を克服したヘレン・ケラーの誕生日です。

そして、ヘレン・ケラーの家庭教師だったのが。
奇跡の人ともいわれる、アン・サリヴァンです。



【 本日のエコ : 谷津干潟から学ぶこと 】


東京湾の一番奥、千葉県習志野市にポツンと残されている
40haの谷津干潟は、「ラムサール条約」の登録湿地です。

谷津干潟自然観察センター


シギ・チドリ、カモなどの渡り鳥にとって貴重な空間ですが、

かつては、埋立てを前提として、大量のゴミが捨てられた、
ヘドロと悪臭にまみれた場所でした。


ではなぜ、周辺に工場や住宅が迫るこの場所に、
埋立てされるはずの場所に干潟が残っているかと言うと……

「ふるさとの海を残したい」との想いで
たった一人で、干潟のゴミに立ち向かった青年がいたからです。


新聞配達の合間をぬって、雨の日も雪の日ゴミ拾いを続け、
数年が過ぎた時、彼の情熱に動かされ、手伝う人が出始めました。

やがて支援の輪が広がり、行政を動かし、干潟は鳥獣保護区となり、
現在は、谷津自然観察センターも建設されています。

森田三郎と谷津干潟


現在の谷津干潟で、残れた自然と一人の情熱と行動が産んだ奇跡を
で目にすることができます。

我々の力で起こせる奇跡、実は沢山あるのかもしれません。


     

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。