1日1つ、1年で365のエコを紹介していきます。エコライフを意識するキッカケになる…… そんな日めくりのカレンダーを目指して、「今日は何の日」と環境キーワードを関連づけてみました。こじつけも多々ありますが、お付き合いください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ほーたる来い

6月4日 : 虫の日


「ム(6)シ(4)」の日です。



【 本日のエコ : 虫から環境問題を考える 】


◆ホタレンジャー

ホタルと言えば、夏の風物詩です。
そして、ゲンジボタル・ヘイケボタルは幼虫時代を水中で過ごします。

清らかな流れ、豊かな水辺環境のシンボルとして、
ホタルを守り、生息環境を復元する取り組みが各地で進められています。


環境省では、「こどもホタレンジャー」の名称で、
ホタルのすむ水辺を守るこどもたちの活動を進めています。

ホタルを通して、環境問題を考えてみるのも良さそうです。



◆「ぼくらはみんな生きている」

子どもの頃よく歌った記憶があります。。


「僕等はみんな生きている 生きているから歌うんだ
 僕等はみんな生きている 生きているから悲しいんだ

 手のひらを太陽に透かしてみれば
 真っ赤に流れる僕の血潮

 ミミズだってオケラだってアメンボだって
 みんなみんな生きているんだ 友達なんだ 」


『手のひらを太陽に』(作詞:やなせたかし 作曲:いずみたく)は、
人と生き物への想いが詰まった歌です。

童心にかえって、虫や他の生き物、友達のことを考えてみましょう。
環境に対する意識もちょっと変わってきそうです。


<関連サイト>
こどもの国ムシムシランド
日本ホタルの会


          
スポンサーサイト

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。