1日1つ、1年で365のエコを紹介していきます。エコライフを意識するキッカケになる…… そんな日めくりのカレンダーを目指して、「今日は何の日」と環境キーワードを関連づけてみました。こじつけも多々ありますが、お付き合いください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
環境アセスメント

6月13日 : 環境影響評価法公布


1997年、環境影響評価法(通称:環境アセスメント法)
が公布された日です。



【 本日のエコ : 環境アセスメント 】


環境アセスメントは、開発と環境保全を、ともにうまく実現させていくために
生まれた制度です。


環境アセスメントって、時々耳にするけどよくわからない。
そんな風に感じている方も多いかもしれません。

そこでお勧めなのが……
長屋の環境アセスメント(環境省 環境影響評価情報支援ネットワーク)


上州屋が蔵を建てると、長屋の日当たりや風通しが悪くなる……
さて、どんな解決方法があるでしょう?

江戸時代の裏長屋を舞台として、環境保全と合意形成の流れを
分かりやすく説明しています。


最近では、早い段階からより広範な環境配慮を行う
「戦略的アセスメント」も行われています。

こうした制度をうまく活用して行くと、開発にお墨付きを与えるだけとか、
環境アワスメントといったことも避けられそうです。


<関連リンク>
環境影響評価法 - Wikipedia


     

スポンサーサイト

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

コメント
この記事へのコメント
なるほど~
ご紹介されてた原科先生の本を読みました。

アセス法制定の経緯を知ることで、合理的な環境アセス(簡易アセス)や
戦略的環境アセスの必要性を理解できました。

そのほか、藤前干潟とラムサールとCOP10。
これらの関係を知って、へぇーでした。

それから、騒がしい夏を起こした「沈黙の春」。
きちんと読んでみます。

ありがとうございました。







2011/06/26(日) 20:16:33 | URL | がちゃぴん #-[ 編集]
お~ さすが!
実は、環境アセスは苦手な分野で、まだ読んでいません(汗)

沈黙の春は、良いですよ~
今でも内容的な古さを感じません。

2011/06/27(月) 07:33:17 | URL | takuya #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。