1日1つ、1年で365のエコを紹介していきます。エコライフを意識するキッカケになる…… そんな日めくりのカレンダーを目指して、「今日は何の日」と環境キーワードを関連づけてみました。こじつけも多々ありますが、お付き合いください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自然のエネルギー

8月6日 : 雨水の日・太陽熱発電の日


1994年、墨田区で世界初の雨水利用国際会議が開かれた日。
雨と共生する都市づくりへの決意を確認する日です。


1981年、香川県で太陽熱発電に世界で初めて成功した日です。



【 本日のエコ : 雨水利用 】


墨田区では、区役所や両国国技館、江戸東京博物館などの公共施設で
雨水を有効利用しています。

雨水は、「流せば洪水、ためれば資源」とも言われ、
我々でも、身近なとろこに雨水を貯めるダムを造ることができます。

雨水市民の会


雨水貯留タンクを設置して、洪水を低減して、渇水に備える。

貯めた水はトイレ用にとして使ったり、庭の草木にあげたり……
打ち水大作戦! にも使えます。

雨水利用施設の導入にかかった費用を助成する制度もあります。


東京ドーム(文京区)でも、膜屋根に降った雨水を地下に貯留して
トイレの洗浄水や災害時の消防用水として活用しています。

飲み水、農業用水は雨に依存する一方で
近年、集中豪雨による都市型の洪水が増えているので、

雨水の上手な使い方、水の循環を考えて行きましょう。


そして、最近注目されているのが太陽熱発電。

太陽光発電と比較して安価な再生可能エネルギーとして、
今後の活用が期待されています。


     
スポンサーサイト

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。