1日1つ、1年で365のエコを紹介していきます。エコライフを意識するキッカケになる…… そんな日めくりのカレンダーを目指して、「今日は何の日」と環境キーワードを関連づけてみました。こじつけも多々ありますが、お付き合いください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
フードマイレージ

10月16日 : 世界食糧デー


開発途上国等での栄養失調や飢餓について考える日です。
1945年に、国連食糧農業機関(FAO)が設立しました。



【 本日のエコ : フードマイレージ 】


世界では、全人口を養うのに十分な食糧を生産している。

しかし、不平等な分配により、世界の人口の10%以上の
8億5千4百万人が、お腹をすかせていると言われています。


そして、食糧の移動による環境負荷についても考えてみましょう。

フードマイレージは、輸入食糧の環境負荷を数値化したもので、
「食糧の量(トン) × 輸送距離(Km)」 で算出します。

フードマイレージ・キャンペーン food-mileage.com


生産地と消費地が近ければフードマイレージは小さく、
遠くなると大きくなります。

遠距離を輸送されてきた食糧は、エネルギーの大量消費、
CO2ガスの発生など、環境に対する負荷が大きくなります。


日本は、食料の自給率が低く(40%)、
アメリカやオーストラリア等遠方からの輸入が多いので、

アメリカ・韓国の3倍、イギリス・ドイツの5倍、
フランスの9倍と諸外国と比較してダントツです。


理想は、地元で生産したものを地元で消費する「地産地消」。
フードマイレージを活用して、負荷の低減に取り組んで行きましょう。


     
スポンサーサイト

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。