1日1つ、1年で365のエコを紹介していきます。エコライフを意識するキッカケになる…… そんな日めくりのカレンダーを目指して、「今日は何の日」と環境キーワードを関連づけてみました。こじつけも多々ありますが、お付き合いください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人工衛星から見える塩

1月11日 : 塩の日


1569年、上杉謙信が武田信玄に送った塩が、長野県松本市に到着した日です。


「敵に塩を送る」の言葉が有名ですが、無料ではありません。

当時、武田氏と敵対関係にあった今川氏と北条氏が
「塩止め」による経済封鎖を行ったのに対し、

塩不足で領民が苦しむのを見かねて、謙信は正当な価格での取引を命じました。



【 本日のエコ : 消えゆくアラル海 】


塩の粒、1つ1つは小さな結晶ですが、人工衛星から見える塩があります。


アラル海は、中央アジアのカザフスタンとウズベキスタンに
またがる乾燥地帯にある内陸の塩湖です。

かつては世界で4番目の大きな湖で、琵琶湖の100倍の面積がありました。


しかし、沙漠地帯での灌漑農業、綿花生産を進めた結果、
取水量が急激増加して、水量は1/10になっています。

そして、塩分濃度の上昇、水位低下、地表への塩分の析出によって、
衛星写真で湖の周りが白くなっているのを見ることができます。


この結果、生息生物の死滅、水産業の壊滅、気候の変化、
砂嵐の増加、都市のゴーストタウン化などの問題が発生し、

「20世紀最大の環境破壊」とも言われています。


<関連リンク>
アラル海が消えた…20世紀最大と言われる環境破壊
アラル海(Wikipedia)



     
スポンサーサイト

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。