1日1つ、1年で365のエコを紹介していきます。エコライフを意識するキッカケになる…… そんな日めくりのカレンダーを目指して、「今日は何の日」と環境キーワードを関連づけてみました。こじつけも多々ありますが、お付き合いください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
エコいちご

1月15日 : いちごの日


「いち(1)ご(5)」の日です。

イチゴは初夏の食べ物ですが、ハウス栽培や輸入品があるので、
現在では1年中食べることができます。



【 本日のエコ : エコファーマー 】


イチゴの栽培も、やっぱりエコが素敵です。
というわけで、エコファーマーを取り上げましょう。


エコファーマーは、「土づくり」「減化学肥料」「減化学農薬」の3つに
一体的に取り組む農業者です。

エコファーマーの認定状況について(農林水産省)


化学肥料や農薬による汚染や農地の生産力低下が問題となり、
環境に配慮しつつ生産を維持する農業の必要性が高まるなかで、

環境と調和のとれた農業生産、農業の健全な発展を目ざしています。


現在のエコファーマーは、212,053件(平成23年3月末)。

平成22年3月末から1万5千件増加し、
今後さらに、広まっていくことが期待されています。


そして、もちろんイチゴでもエコファーマーはいらっしゃいます。

イチゴイチエ石神農園:エコファーマー
エコファーマー紹介/白須 定義さん [丹後エコファーマー]

究極はゼロですが、様々な作物で
化学肥料や農薬を減らした作物が広がって行くと素敵ですね。


     
スポンサーサイト

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。