1日1つ、1年で365のエコを紹介していきます。エコライフを意識するキッカケになる…… そんな日めくりのカレンダーを目指して、「今日は何の日」と環境キーワードを関連づけてみました。こじつけも多々ありますが、お付き合いください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長良川

5月11日 : 長良川の鵜飼い開きの日



鵜飼いは、鵜匠が10~12羽の鵜を操って鮎を捕る伝統漁法です。

岐阜県長良川の鵜飼は、1300年の歴史と伝統を持っています。
鵜飼いの初日として、鵜飼安全祈願祭やイベントが行われます。



【 本日のエコ : 公共事業を考える 】


「おもうしろうて やがてかなしき 鵜舟かな」

松尾芭蕉の俳句でも知られる
長良川の鵜飼いは、10月15日まで毎夜行われます。

長良川鵜飼|岐阜観光コンベンション協会


そして長良川は、四万十川(高知県)、柿田川(静岡県)とともに
日本三大清流のひとつと言われています。


1994年に河口堰が完成するまで、
長良川は、本州で唯一の本流に堰の無い大きな川でした。

生態系や漁業への影響、治水と利水・水の需要予測、
公共事業の必要性と費用対効果など多くの問題を提起しました。


その評価は後世の人がすることになりますが

環境アセスメントの適切な実施等、大型の建設物をつくる際は、
自然との共生・生態系への影響の緩和を図って行きましょう。


     
スポンサーサイト

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。