1日1つ、1年で365のエコを紹介していきます。エコライフを意識するキッカケになる…… そんな日めくりのカレンダーを目指して、「今日は何の日」と環境キーワードを関連づけてみました。こじつけも多々ありますが、お付き合いください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
生物のスピード

6月18日 : 海外移住の日・考古学出発の日


1908年、本格的な海外移住の第一陣158家族・781人が、
笠戸丸でブラジルのサントス港に到着した日です。

1877年、大森貝塚(東京 品川区)を発見したアメリカの動物学者、
モース博士が来日した日です。



【 本日のエコ : 生物の移動速度 】


移住ではありませんが、
動物も植物の移動速度はどれくらいしょう?


■植物

新しくできた島、山火事の後に植物が侵入していくように、
植物は種子の散布を通じて、分布域を変えていきます。

樹木が分布を広げる速度は、40m/年から2000m/年。

・モミ、シラビソ 40~300 m/年
・ハンノキ、ヤシャブシ 500~2000 m/年
・クリ 200~300 m/年

・ブナ 200~300 m/年
・マツ 1500 m/年
・カシワ、コナラ 75~500 m/年

温暖化による、気候帯の移動速度が 1500~5500 m/年とすると、
多くの樹木は、気候の変化に追いつけないことになります。

自然生態系 絶滅する種が増える


■動物

・チータ  112 km/h
・ウマ   77 km/h
・ライオン  64 km/h

・シマウマ  64 km/h
・キリン   51 km/h
・ダチョウ  45 km/h

・ヒト    36 km/h


人より速い動物は多いですが、なかなか海は越えられません。

そしてシロクマは、北極の氷が解けて無くなった場合、
さらに寒冷な環境を求めて、北上することはできません。

気候の変動の生物への影響は結構大きそうです。



【 本日のエコ2 : モアイ像が語るもの 】


考古学に関連して……

モアイ像で有名な絶海の孤島のイースター島では、
草原が広がっていますが、かつては木々に覆われた豊かな島でした。


人が住むようになって、農耕が始まり、

人が増えて文明が発達し、モアイ像造りが盛んになって、
やがて、人口が島の収容力を超えるようになる。


森が破壊され、食糧が不足し、漁のための船も造れなくなって
人々は争い、人口が急激に減少していく……


インダス文明も、ミケーネ文明も森林を破壊した文明は滅びました。

我々は、森と文明の歴史から学ぶ必要があります。
さて、現在の文明は大丈夫でしょうか?

イースター島モアイ文明の滅亡の教訓


     
スポンサーサイト

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。