1日1つ、1年で365のエコを紹介していきます。エコライフを意識するキッカケになる…… そんな日めくりのカレンダーを目指して、「今日は何の日」と環境キーワードを関連づけてみました。こじつけも多々ありますが、お付き合いください。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
霞ヶ浦の環境

11月13日 : 茨城県民の日


1871年、廃藩置県・県の統廃合が行われ、
初めて「茨城県」という名称使われた日です。



【 本日のエコ : アサザプロジェクト 】


霞ヶ浦は、茨城県にある日本で2番目の大きい湖
(1番は滋賀県の琵琶湖)です。


1970年代に、富栄養化・水質汚濁が問題となり、
一時は、汚れた湖・死の湖といったイメージもありました。

1981年に富栄養化の防止に関する条例が公布され、
その後水質は改善しつつあります。


そして、霞ヶ浦で興味深い取り組みが行われています。

アサザプロジェクトは、
「アサザ基金」が主催する霞ヶ浦再生事業です。

アサザは、湖沼や池に生育する浮葉性植物で、
5~6月に咲く黄色い花が目印です。


準絶滅危惧種のアサザを切り口として、

霞ヶ浦の水質保全、生物多様性の確保を目的として、
生態系の保全や環境教育等の組み込みが行われています。


行政、企業、市民が連携した循環型・ネットワーク型、
持続的な市民型公共事業によって、成功を収めています。

学校ビオトープ、里山づくり、コウノトリ夢ネット等にも広がる
こうした取り組み、全国に広がって行くと素敵です。


     
スポンサーサイト

テーマ:エコロジーライフ - ジャンル:ライフ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。